2018年02月22日

竹の白い成分は食べても大丈夫

こんにちは〜

今朝はみぞれ混じりの雨。昨日の雪予報は回避出来たと思ったけど
今日降るなんて・・・厳しい寒さの1日です。

さて、春になるとたけのこが美味しい季節になりますね。
タケノコご飯にしたり煮物にしたり、大好きな食材です。
takenoko.jpg

たけのこを煮ると白い粉のような物が節のところについている時があります。
物によってですが、たくさんついてる時や全然ない時もあります。
あの白い粉の正体は「チロシン」って成分らしいです。

チロシンは不溶性のアミノ酸で、茹でると溶けだし、冷めて固まると白い粉や
粒となり、たけのこの表面に残るそうです。
もちろん食べても影響はありませんので、安心して召し上がってください。
気になる方は水で洗い流して食べましょう。
との事です。

これと同様にナチュラル竹酢液も群馬の真竹のエキスを抽出した物ですが
素材の竹にはこの白い成分がたくさんある物と無い物があり、個体差がある
そうです。
エキスを抽出した時には除去する作業はしておりますが、何かの拍子に成分が結合して
浮遊する時があるとの事。
気になる方は遠慮なくお申し出下さい。
posted by うーこ at 14:37| 東京 ⛄| Comment(0) | 竹酢液 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

ナチュラル竹酢液 入荷しました(*^^*)

こんにちは〜

連日の寒さ本当に凄い寒い!元々寒いのが苦手だけにこの寒さはキツイ。

そんな寒い日々ですが、お風呂の共「ナチュラル竹酢液」が入荷しました。
chikusaku-20.jpg

私はお風呂上がりに濡れてる状態で原液をスプレーして毎日使用してます。
そうする事でお風呂上がりのあのチクチク感がないのです。

先日、製造元とお話した時に、気候によって火加減も変わるから毎回同じように
作っても微妙に違う時があるとの事。
特許取得製品だけど、もし特許釜の図を見て誰かが作っても同じような商品
には絶対ならないとの事。
お料理と同じですよね。同じ食材・同じ分量でも違う味になる。

昨日話題になってましたが、梅ジャム作りの方が高齢の為昨年で引退したとの事。
私も大好きだった梅ジャム。
umejyamu.jpg

下町の駄菓子屋・縁日には欠かせない梅ジャムです。
以前TVで下町のおじさんが1人で作っていると知ってビックリでしたが、
その時の気温や気候により微妙に調整してるとの事。だからレシピを誰にも教え
ないで引退したのでしょうか?
きっとその方の舌だけが分かる絶妙なレシピなんでしょうね。
ふと、この竹酢液の製造元もそんな感じなので、重なりました。

良い商品を皆様にお届け出来るよう頑張ろうっと改めて思いました(*^^*)



posted by うーこ at 16:38| 東京 ☀| Comment(0) | 竹酢液 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

乾いた竹の活用 ナスD凄い〜

こんにちは〜

昨日からの気温差が凄いです。今日は少し暖かい東京下町です。昼間が暖かくとも今晩から
気温がぐっと下がるようです。周りでも体調不良の方が増えて来ました。
体調管理には気をつけて下さいね。

お正月特番でよゐことナスDの無人島生活見てましたか?
ナスDの破天荒ぶりが面白く「陸海空 地球征服するなんて」大好きな番組です。
放送開始時、夜中にやってて何この番組面白い?って寝る前に見てた番組でしたが
今は人気番組になりましたね。
そんなナスDのの無人島生活での火おこし場面ですが、乾いた竹をこすって火を
起してました。

takehiokoshi.jpg

火の起こし方と言うとキリをこするように起こすやり方と板と紐を使って起こす
方法しか知りませんでしたが、乾いた竹でも火が起きてました。

takehiokoshi-2.jpg

ふと、ナチュラル竹酢液の製造元が竹から竹のエキスを抜いた後の竹はカラカラに
なり、焚付に良いとお風呂屋さんが喜んで欲しがると言ってた事を思い出しました。

これを見てそういう事なのか?と思い少し嬉しくなりました。

昔の人の知恵と工夫って本当に凄いですよね(*^^*)
ナチュラル竹酢液の製造元も知恵と工夫のある人だからこそ特許取得の新製法で
抽出方を編み出したのであろうけど、もしかしたら同じような事して昔の人も
竹からエキスを出してたかも知れないなぁ〜!
と思いを馳せると少しでも多くの人にナチュラル竹酢液の良さを知って
頂けるよう頑張ろうと思えました(*^^*)

chikusakueki.jpg

posted by うーこ at 14:42| 東京 ☀| Comment(2) | 竹酢液 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

リピートのお客様が増えてるナチュラル竹酢液

こんばんは〜
11月も最後の週末ですね。寒さは少しやわらぐ週末の東京下町です。

楽しかった長野旅行から早一週間が過ぎ、こうしてドンドン時が過ぎていって
しますので、本当に焦ります。あれこれやる事はたくさんあるのに・・・

さて、先日の長野の帰りに群馬の竹酢液の製造元とも話してたのですが、この竹酢液の
リピーターさんが随分増えて来てます。
一度使って頂くと分かるナチュラル竹酢液の良さ。
今の季節のお風呂上がりのチクチクに良いみたいでスプレータイプ100mlと400ml同時に
購入して頂いてます。
私も毎日手放せません。お風呂上がりに原液をシュシュとね。

今の世の中、色々な新しい物が出て来ますが昔からある素材の物には「先人の知恵」が
ギュッと詰まっている気がします。
即効性がなくとも、日々使う事で良さを体感出来る商品だと思います。
ぜひ一度手に取って頂きたいそんな商品なんです(*^^*)
sns300.jpg


posted by うーこ at 21:49| 東京 ☁| Comment(0) | 竹酢液 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

竹酢液製造元は山男さん!イノシシ肉が届きました。

こんにちは〜

雨が本降りの東京下町です。
週末は寒気が来るとか・・・そう言えば去年11月に雪が降った日がありましたが
今年も初雪が早いのだろうか?

ナチュラル竹酢液の製造元は山男(猟師)さんでもあるのですが、先週末にイノシシ肉が
送られて来ました。

inoshishi-1.jpg

今年は明日から狩猟期間が解禁にになるようで張り切ってました。

イノシシ肉・・・食べた記憶があまりなく。若い時に旅行で食べたけど味まで
覚えてませんでした。
時々、製造元と話すのですが、イノシシ美味しいんだよ〜と
家族は食べた事ないと言ったら、送ってくれました。
最近はジビエ料理で色々が紹介されてますので、どんな味だろうと興味は
ありましたのでありがたいです。

届いたのは山の物。
自然薯・落ち鮎・イノシシのジャーキー・イノシシ肉バラとロース。
すき焼きにして食べるのがオススメと言うので早速頂いてみました。

お肉・・・全然臭みがなく、硬くもなく、歯切れも良くグニャグニャと言うより
サクサク噛む感じ。
豚肉より美味しいかも(*^^*)
正直もう少し覚悟してだんですよね〜美味しいと言うけど、臭みがあるだろうと
いや〜見事に期待を裏切る美味しさでしたよ。全く臭いがない。

続いてジャーキー
薄くスライスしたら生ハムのよう。少し炙って食べても美味しいと言うので
炙ってみたけど美味しい。
これは酒飲みには絶好のつまみになりそうです。

落ち鮎は海に向かう鮎らしく、卵がぎっしり入っていて、でっぷり太ってて
食べ応えがありました。こんなにオレンジの鮎見たことない。
ayu.jpg
こちらも天然の鮎だそうです。
イノシシも鮎も自然薯もどれも美味しいく買ってでも食べたい食材でした。

山の話になると、いろんな事教えてくれるので楽しく勉強になります。
もちろんその中には竹のお話もあるのですけどね。
そんな人だからこそ、ちょっと通常とは違う竹酢液を開発したの
だろうなぁ〜と頷ける事がたくさんあります。

群馬の真竹エキス ナチュラル竹酢液
是非一度お試し下さいね。

さらに詳しくはこちら

posted by うーこ at 16:53| 東京 ☔| Comment(0) | 竹酢液 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする