2019年06月20日

石鹸と言ってもその製造方法は色々なんです(*^^*)当店ではコールドプロセス製法を採用してます。

こんにちは〜

ちょっと梅雨の中休みかな?良いお天気が続いている東京下町です。

さて、昨日の続きになってしまいますが、石鹸についてもう少し書いてみますね。

石鹸と一言に言ってもその製造方法は様々なんです。

固形石鹸・液体石鹸・透明石鹸、更に製造方法。
熱を加えて作る方法や加熱しないで作る方法など。大量生産する場合は熱を加えた方法が
短期間に大量に製造出来るので適してると思います。

逆に熱を加えない場合は石鹸を使用するまでに時間がかかるのです。最低でも1ヶ月は寝かして
から使用致します。
私が推奨してますのはこちらコールドプロセス製法でじっくり時間をかけて作る製法です。
配合オイルによって様々は使用感を感じられます。

竹炭の妖精石鹸もコールドプロセス製法にて作られてますので、完売になってしまうと
少しお待ち頂く事になります^^;


でも、どちらの石鹸も一長一短ありますので、要はどんな石鹸が自分にお肌に合っているのか?
また使いやすいのか?それぞれだと思います。

私が推奨してますコールドプロセス製法の難点は少し柔らかく溶けやすいと言う点も
ありますが、泡立て時の泡質や使用後のお肌に残る保湿は最高だと思ってます(*^^*)

それは敢えて油分を残すように製造してる事で、汚れは落としつつ保湿が残る製法だから
です。

とは言え使用感より適度に泡立ち硬く扱いやすく汚れも落ちるならストレスフリーなので
コールドプロセス製法でなくとも良いとお考えでしたら、熱を加えたタイプの石鹸でも
全然問題ないと思います。

何が一番合うのか今一度購入の際には商品ラベルの裏の成分を見たりしてするとご自身に
あった石鹸が見つかると思います(*^^*)



posted by うーこ at 14:57| 東京 ☁| Comment(0) | 手作り石鹸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。