2017年02月22日

ナチュラル竹酢液 窯と釜で認識違い

こんにちは!

連日風が強い日々のような気がします。明日も春3番が吹き、荒れ模様のようです(-_-;)

さて、先日お客様と電話で話してて気づきがありました。
竹酢液の製造方法の話が???だったのですが、私が使用してる竹酢液の説明の
言葉が間違っていたようです。
ナチュラル竹酢液は群馬県の真竹のエキスを特許出願方法で採取してるのがですが、
その方法は「釜」に竹を入れてその蒸気を採取してます。
chikusaku-kama.jpg

通常の竹酢液はこっちの「窯」から出た煙を採取してます。陶器などを焼く時の窯ですね。
yakikama.jpg

蒸気からのエキスが当店のナチュラル竹酢液
煙からのエキスが通常の竹酢液。

この違いで煙の臭いがしない竹酢液が作られてます。
あっ!臭いも「匂いと臭い」の違いで印象が違いますよね。 
これも良く考えよう!

私のHPの説明だと言葉足らずなので、もっとわかりやすいように、記載しなくては
いけないですね。
ネットショップって手に取る事が出来ないので、言葉と写真が重要です。
当然ながらいつもその事は頭にありましたが、長年運営してると忘れてしまって
いるのでしょうね。
販売してる私は理解しててもお客様が戸惑うような説明文では全然HPの情報をして
足りてないので反省。
日々こうしてお客様を接する事で気づく事も有り、教えてくださり有り難い限りです。
お客様によって成長させてもらっています。

現在花粉症に大人気のナチュラル竹酢液はこちら

posted by うーこ at 13:24| 東京 ☀| Comment(0) | 竹酢液 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。