2016年06月05日

ショッキングな体育祭

こんにちは〜

関東地方は梅雨入りしたそうです。
これからしばらくはジトジトな日々ですね。気分も滅入りがちですが、頑張りましょう。

さて、先週金曜日娘の体育祭でした。
高校の体育祭なんて親は行かないと周りは言うのですが、親バカな私はいそいそ
応援しに行きました^^;
今娘は高2。学生生活もあと少しですから、見に行ける時には色々行っておこうと
思ってます。

当日はお天気もピーカンの青空。体育祭日和。紫外線もきつく、少し日向に居るだけで
チリチリお肌が焼ける感じが分かります。
競技も大盛り上がり!勝つと「うわぉー」と雄叫びを上げるような男子が居たので盛り上がり
ました(*^_^*)
順調に進み、後半も大詰め。リレーとあと少しで終わると言うところで男子団体騎馬戦!
騎馬戦・・・高校生だと迫力満点。胸ぐら掴まないで下さ〜いと注意を受けたり
活気溢れてました。

団体戦の後、1回目の大将戦で事件が起こった。

物凄い勢いで頭に巻いた札の取り合い。あっ!と思った時に両者体制崩れ落馬。
その時一人の大将が側頭部を強打。意識を失ったようだ。
声掛けしても起きない。体が痙攣しだし・・・保健の先生は血相変えてAEDを取りに行き
周りの子達も倒れた子の名前を呼び続けてる。
もう一人の子も頭を打ったようだが、イタタタと頭をさすっていたけど、意識はある。
すぐ、救急車を呼んだみたいだけど、なかなか来ない。
なかなか来ないと言うか思い返すとすぐ来たのだろうけど、その間が長く感じられた。
その間シーン静まり返り、楽しかった運動会も一瞬にして、状況が変わった。

男の子も女の子も泣き出し、対戦相手だった子も号泣。側に駆け寄りたいところを先生に
静止され、「俺のせいなんだよ〜と泣き崩れ」

保護者も結構来てて、保護者席満席。保護者側からもシクシク泣き出してました。
私も血の気が引いてしまい、心臓はドキドキバクバク。震えが止まらないし泣けて来た。
「えっ!今ので心肺停止?」「でもAED使ってないよね?」と隣のお母さんに言われ
「そっそうなの?どうなの?この状況?」
救急車到着。救急隊に囲まれて様子が分からないけど、タンカで運ばれる時に自分の頭に
手を置いてる姿が見え、保護者席で安堵の歓声。
「あぁーとりあえず意識はあるのね。良かった。」
校長先生から意識もあり、過剰な心配は無用。とりあえず検査の為病院に行くようだ。
とのとアナウンスにホッとする。
でも、こんな状況では体育祭を続ける事が出来ないのでその場で中止。
ほんの一瞬の出来事で大変な事になりました。
都心の(東京タワーの近く)学校だから、どこでも病院あるだろうけど、なかなか
受け入れ先がないらしく救急車も出発しない。ようやく出発した時にまた保護者側は安堵の歓声。
tokyotawer-2.jpg

精神的にどっと疲れた。
土曜日SNSで本人から発信!検査結果が大丈夫だったようだ。まずは本当に良かった。
世の中、本当に一瞬で何が起こるか?分からないもんですね。












posted by うーこ at 15:14| 東京 ☀| Comment(0) | 美容・コスメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。