2018年06月11日

みずほ銀行を語る不審電話が来た。要注意です。

今朝、11時過ぎ頃みずほ銀行を語る電話が来ました。

先週末からみずほ銀行はシステム変更の為サービスが利用出来ない案内の
ハガキが以前より届いていた為、てっきりその事かと思ってしまいました。

ガイダンスが流れ9番を押すよう指示してたので押しました。
オペレーターと繋がり
「みずほ銀行オペレーションセンターです。ご用件を承りますので
お名前と生年月日を教えて下さい!」

「はぁ?ご用件?承る?お宅から電話来たわけでしょう?私はご用件なんてありませんけど!」

ここで少し通話が途切れ途切れで聞き取れなくなる。もしもし〜の繰り返し。

「みずほさんがどんな用件があるんですか?」

「カードに関する大切なお知らせがある方にはこちらからご連絡しておりますので
お名前と生年月日で本人確認させて下さい」

昭和・・・と言った段階で、ちょっと待って!お宅誰?オペレーションセンターのなんて名前?

「みずほ銀行オペレーションセンターです。」(若い男、だんだん声が自信なさげな返事)

「音声ガイダンスで電話来て、私用件ないのにおかしいでしょう?」
と言ったら切れました。

通常本物のみずほ銀行から電話来る場合は「みずほ銀行○○支店の○○です」とキチンと名乗って
くれます。

履歴があるので、さらします。この番号からかかってきたら絶対相手にしてはいけません。
上手に誘導されます。要注意です

8133214111 

ちなみにこの後、本当のみずほ銀行に通報しておきました。



posted by うーこ at 16:14| 東京 ☔| Comment(2) | 日々の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする